学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点

課題代表者向け情報

課題代表者向け新着情報

2016年7月19日
課題代表者
国際共同研究課題の旅費助成申請手続書類について
平成28年度国際共同研究課題の旅費の助成の申請に関しては、この書式をご利用ください。
2016年7月19日
課題代表者
当拠点のロゴの使用について
研究成果発表などの際に当拠点のロゴマークを利用する際は、この説明をご覧ください。画像ファイルもダウンロードできます。
2016年5月18日
課題代表者
経費助成申請手続き書類を更新しました
平成27年度、平成28年度の今後の経費助成は新書式をご利用ください。
2015年8月 6日
課題代表者
平成27年度の経費助成再開のお知らせ
本年度の経費助成(平成26年度および平成27年度の課題が対象)の申し込みを再開いたします。詳細は事務局までお問い合わせ下さい。
2015年5月18日
課題代表者
平成27年度の経費助成について
現在、経費助成について協議中であり、新規申請は受け付けておりません。詳細については事務局までお問い合わせください。
2014年12月 4日
課題代表者
課題参加者の変更手続き書類を更新しました.
2014年9月19日
課題代表者
助成金額及び申請回数の制限が緩和されました.詳しくは事務局までお問合せ下さい.
2014年4月23日
課題代表者
研究経費助成,及び課題参加者の変更手続きについての情報を掲載しました.

研究経費助成の手続き

当拠点では、申込年度またはその前年度に実施されたJHPCNの公募型共同研究による成果を発表する、国際会議の発表旅費、論文掲載料または研究集会(ワークショップ等)の会場利用料に対する経費助成のお申し込みを随時受け付けています。

助成対象

  • 査読付き国際会議:査読付き国際会議とは、国際的な学会・ワークショップ等(日本で開催されるものを除く)を指します。助成対象となる出張者は、研究課題代表者、副代表者または共同研究者リストに記載の共同研究者の内、研究集会で実際に発表を行う者であり、また、申込日現在で査読付き国際会議での発表が決まっている者とします。
  • 論文掲載料:助成対象となる論文は、研究課題代表者、副代表者及び共同研究者リストに記載の共同研究者が著者に含まれており、申込日現在で掲載が決まっているものとします。なお、別刷の買い取りが義務付けられている場合は、最低限の別刷料も論文掲載料と共に申し込むことが可能です。
  • 研究集会(ワークショップ等)の会場利用料:助成対象となる研究集会は、JHPCNの公募型共同研究における研究課題代表者、副代表者及び共同研究者リストに記載の共同研究者のいずれかが実行責任者であり、日本国内で開催されるものとします。

助成条件

国際会議旅費であれば出張期間、論文掲載料であれば請求書の提出日、会場利用料であれば開催日が実施年度の3月31日までであること。また、広報物である場合、JHPCNの公募型共同研究による成果である旨が記載されていること。(謝辞の記載例

助成金額

同一の研究課題に対し、原則、各年度1回50万円が上限。複数回の申請を希望される場合は事務局へお問い合わせ下さい。

申請手順

当拠点課題審査委員会にて審査を行いますので、経費助成申請書の必要箇所を記入し、PDF形式でJHPCN事務局まで電子メールにて送付下さい。加えて、助成対象によって提出資料が異なり、事前に準備頂く書類もございますので、申請書内に記載された詳細をご覧下さい。

国際共同研究課題 旅費助成の手続き

当拠点では、国際共同研究課題として採択された課題について、一定額の打ち合わせ等の旅費の助成を行っております。

申請手順

当拠点課題審査委員会にて審査を行いますので、国際共同研究課題旅費助成申請書の必要箇所を記入し、PDF形式でJHPCN事務局まで電子メールにて送付下さい。加えて、助成対象によって提出資料が異なり、事前に準備頂く書類もございますので、申請書内に記載された詳細をご覧下さい。

課題参加者の変更手続き

HPCI-JHPCN課題とJHPCN課題で共同研究者の変更手続きが異なりますのでご注意下さい。

「HPCI-JHPCN課題」の場合(課題IDがH, HI, HCで終わる課題)

まず、当拠点課題審査委員会にて共同研究者の変更について審議されますので、HPCI追加理由書または、HPCI削除理由書の必要箇所を記入し、PDF形式に変更のうえ、JHPCN事務局まで電子メールにて送付下さい。
承認された場合、申込書の2ページ目以後を印刷・押印の上、一般財団法人高度情報科学技術研究機構(RIST)へ郵送して下さい。HPCI課題審査委員会で課題参加者追加の審議が行われ、最終的な採否結果はRISTから通知されます。なお、HPCIポータルに記載されている変更手続きとは一部異なっていますのでご注意下さい

郵送先:
〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町1丁目5番2号
神戸キメックセンタービル 6F
一般財団法人 高度情報科学技術研究機構 神戸センター

「JHPCN課題」の場合(課題IDがJで終わる課題)

当拠点課題審査委員会にて共同研究者の変更について審議されますので、JHPCN追加理由書または、JHPCN削除理由書に必要箇所を記入し、PDF形式に変更のうえ、JHPCN事務局まで電子メールにて送付下さい。

送付先:

※書類の提出はPDF形式にてお願いいたします。

当拠点公募型共同研究における研究成果の取扱いについて

原則として、当拠点の公募型共同研究としては、研究成果について報告していただくだけであり、研究成果の権利の譲渡等は生じませんが、構成拠点との関係によっては知財権の取扱について協議する必要が生じる可能性もありますので、あらかじめ構成拠点と相談されることが望ましいです。
募集要項4~5ページ目「9.その他の留意事項」の記載事項、特に「(5) 知的財産等の取り扱い」もご確認下さい。

当共同研究による研究成果の謝辞の記載例

和英ともに、1. がHPCI-JHPCNシステム利用の共同研究、2. が利用しない共同研究の記載例です.

和文例:

  1. 本研究の一部は、学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点、および、革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラの支援による.
  2. 本研究の一部は、学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点の支援による.

英文例:

  1. This work is partially supported by "Joint Usage/Research Center for Interdisciplinary Large-scale Information Infrastructures" and "High Performance Computing Infrastructure" in Japan.
  2. This work is partially supported by "Joint Usage/Research Center for Interdisciplinary Large-scale Information Infrastructures" in Japan.

当拠点のロゴを研究発表等に利用する場合には、以下のロゴマークについての説明をご覧ください。

計算機利用についての問い合わせ先

構成拠点 内容 問い合わせ先
北海道大学 JHPCN関連の手続き kyodo@oicte.hokudai.ac.jp
計算機の運用・技術的な内容 http://www.hucc.hokudai.ac.jp/qform/
東北大学 計算機利用全般 sys-sec@cc.tohoku.ac.jp
東京大学 JHPCN関連の手続き jhpcn.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp
Oakleaf-FX10利用 soudan-fx10@cc.u-tokyo.ac.jp
東京工業大学 計算機利用全般 soudan@cc.titech.ac.jp
名古屋大学 計算機利用全般 kyodo@itc.nagoya-u.ac.jp
京都大学 計算機利用全般 consult@kudpc.kyoto-u.ac.jp
大阪大学 計算機利用全般 hpc-consult@hpc.cmc.osaka-u.ac.jp
九州大学 計算機利用全般 request@iii.kyushu-u.ac.jp